PSVR

PSVRの最新情報・スペック解説 | おすすめゲームソフト紹介



2016年に発売され、一世を風靡したPSVR。

このページでは、VRゲームに特化したVRゴーグルの代表格と言えるPSVRについて紹介していきます。

「でもPSVRってもう古くて、高性能なPC-VRに比べて機能面では劣らないの?」と、心配な方もいるかと思います。 確かにPSVRは、PC接続するVRゴーグルと比較すると、劣る部分があるのも事実。

しかし、ご安心ください。

PSVRは、ハイスペックなPCが不要なこと、ゲームコンテンツの充実など、他のVRゴーグルにはない良さが多くあります。

そこで、このページではPSVRの情報を調べ尽くしている私が、PSVRの魅力について徹底的に解説します。
【このページで知れること】
  • ・そもそもPSVRとは何か
  • ・機能と豊富な周辺機器
  • ・楽しみ方、活用方法
  • ・PSVR用おすすめゲームソフト
ゲームはもちろん、PSVRのその他の魅力も余すことなくお伝えします!

それでは、PSVRがあなたにピッタリのVRゴーグルかどうか、早速確認していきましょう!

PSVRとは?



冒頭でも書いたように、PSVRは2016年に発売が開始されました。 つまり、初代PSVRの発売開始から、もうすぐで4年近い年月が経とうとしています。

そこで、まずは初代PSVR発売から現在に至るまでのPSVRの販売状況をお伝えしていきます。

歴代PSVRと最新情報

2020年6月現在に至るまで、PSVRは2種類発売されています。

歴代のPSVRを順番に並べると、初代PSVR→新型PSVR→PSVR2(未発売)となります。

新型PSVRはあくまで初代PSVRの進化版であり、PSVR2ではないことは押さえておきましょう。

それでは、それぞれのPSVRについて解説していきます!

初代PSVR…発売元であるソニーが2016年3月に発表、同年10月販売開始。
当時、初代PSVRは、予約開始時には既にほぼ完売しており、買いたくても買えないほど大人気。

販売が始まり1年経っても在庫切れが続き、簡単には購入できない状態が続きました。 それほどに、PSVRの誕生は革新的なものだったのです。

新型PSVR2017年10月発売。
初代発表時と同様に、新型PSVRもとても反響や人気が大きいものでした。 ただ、初代発売時の経験を活かし販売数を増やしたため、品切れ状態が続くことはありませんでした。

現在でも新型PSVRの在庫はあり、簡単に購入できます。

PSVR2公式からの発売アナウンスは無し。
現在、発売元であるソニーPlaystationから公式でのPSVR2の発表はされていません。

しかし、2020年2月にされた特許の公開から、PSVR2の発売が予想されています。 ただし、根拠のある正しい情報ではなく、あくまで予想のためPSVR2の発表がされるのはまだ先のことになりそうです。

以上、PSVRの発売当初から現在までの販売状況でした。

ところで、販売情報と同様に、価格の移り変わりに関しても気になる方は多いのではないでしょうか。

次項では、初代PSVRの発売当初から現在までの価格の変動に関して紹介しているので、しっかり確認していきましょう!

現在までの価格の変動

発売当初の価格 現在の価格
初代PSVR 49,980円 約30,000円ほど
新型PSVR 44,980円 約35,000円ほど


上記の表を見ていただくとわかるように、発売当初に比べ現在の価格は大きく下がっています。

初代は20,000円程、新型でも15,000円ほど安く購入することが可能。

高性能なPC-VRであれば、安くても50,000円以上するため、PSVRはお得なVRゴーグルと言えます。

それから、さらに価格を抑えたい方は中古での購入もおすすめです。

ちなみに、新型PSVRはお得なパックでの販売など3種類の販売形態があります。 表を使って詳しく説明していきます。

PSVR販売形態 メガパック “VR WORLDS”同梱版 通常販売
価格 39,980円 34,980円 34,980円
内容物 ・PSVR本体
・PS Camera
・PS move モーションコントローラー2台
・バイオハザード7やbeat soberなど、
おすすめゲームタイトル5本
・PSVR本体
・PS Camera
・PSVR ソフト「VR WORLDS」
・PSVR本体
・PS Camera


メガパックは、5本もゲームソフトが入っている充実した内容にもかかわらず、39,980円と非常に安くなっています。

通常販売の34,980円と比較しても5,000円しか変わらないので、ゲームを楽しみたい方にとてもおすすめです。

尚、PSVRソフトのVR WORLDSが同梱されているバージョンと通常販売は、価格が変わりません。

そのため、VR WORLDS同梱版が俄然おすすめになります。

ここまでの説明でわかる通り、価格は発売から現在まで段々と下がり、発売当初に比べると購入しやすくなっています。

今回、初めてPSVRについて知った方はもちろん、今まで価格や在庫切れが問題で購入できなかった方も、改めて購入を考えるには非常に良いタイミングですね。

ぜひこの機会に、PSVRの購入を検討してみてください。

次項ではPSVRの機能面や価格など、さらに詳しく解説していきます。

PSVRは、どのようなVRゴーグルなのか。

メリット・デメリット含めて、早速確認してみましょう!

VRゴーグルの機能・おすすめ周辺機器



続いて、新型PSVRの基本的なスペックについて解説していきます。

今回は、わかりやすいように機能面や価格、内容物を表にしてまとめました。 各項目のポイントについては、表のあとに詳しく説明しています。

それでは、早速みていきましょう!

新型PSVR(VR WORLDS同梱版)
解像度 1920×1080
視野角 約100度
リフレッシュシート 120Hz
価格 34,980円(税抜)
内容物 ・VRヘッドセット×1
・PlayStation Camera ×1
・PS4用ソフトウェア「PlayStation VR WORLDS」×1
・プロセッサーユニット×1
・HDMIケーブル×1
・USBケーブル×1
・ステレオヘッドホン(イヤーピース一式)×1
・電源コード×1
・ACアダプター×1


ここでのポイントは、以下の3つになります。

  1. 解像度はPCVRに比べ、劣ってしまう。
  2. PSVRはリフレッシュシートの値が高い。
  3. 比較的価格が安い。

それぞれ詳しく説明していきます。

①解像度はPCVRに比べ、劣ってしまう。

解像度とは画質に関係する部分で、解像度の値が高いほど高画質な映像を見れます。

PSVRの解像度は1920×1080と、有名メーカーのVRゴーグルであるOculus QUEST(解像度2800×1600)やVIVE Cosmos(解像度2800×1700)のVRゴーグルに比べると、劣ってしまいます。

しかし、今挙げたようなOculusやVIVEのPC-VRの価格は、PSVRの倍以上のものがほとんど。 価格が高いため、機能面が良くなるのは言ってしまえば、当たり前のことです。

PSVRの解像度でも十分にVR体験が楽しめるため、そこまで心配する必要はありません!


②PSVRはリフレッシュシート値が高い。

リフレッシュシートも解像度と同じく画質に関係する部分で、値が高いとよりなめらかな映像を見れます。

逆に、この数値が低いとVR酔いが起こりやすいので注意しましょう。

そして、表にもある通り、PSVRのリフレッシュシート値は120Hzとなっています。

先ほども挙げた、高性能PC-VRであるOculusやVIVEのPC-VRでも、リフレッシュシート値は90Hzなので、PSVRのリフレッシュシート値がいかに優れているかわかります。

VRゲームをする場合は、どれだけ画質が良くても、リフレッシュシート値が低くVR酔いしてしまってはしょうがないです。

その点PSVRは、VR酔いを防げるなめらかな映像が見れるメリットがあります!


③価格が安い。

PSVRは、高性能なVRゴーグルの中では、比較的価格が安いのが特徴的です。

ハイスペックなPCが必要なPC-VRは、数十万円ほどするような高額なVRゴーグルが多く見られます。 それに比べ、PSVRの価格は34,980円(税抜)となっています。

外部機器の価格を比較しても、その差は歴然。

PC-VRは数十万円ほどするスペックの備わったPCを必要とするのに対し、PS4は3万~4万で購入できます。

つまり、OculusやVIVEシリーズなどのハイスペックなPC-VRと比べると、PSVRは価格が安く、より購入しやすいVRゴーグルと言えます。


以上、VRゴーグルの基本的なスペック紹介でした。

既に、PSVRの良さはわかってきたかと思います。

しかし、実はまだまだPSVRの良さは多くあるんです!

その良さの1つとして、次ではPSVRを使用する際にVR体験をアップグレードできる、素晴らしい周辺機器の紹介をしていきます。

おすすめ周辺機器

おすすめ周辺機器を紹介する前に1つだけ前提として、PSVRを使用するのにPS4は必須な機器だということは押さえておきましょう。

つまり、PS4がなければPSVRで遊べません。 その点を踏まえた上で、今回は周辺機器としてPS4の紹介はしていませんが、必ず用意しましょう。

それでは、早速おすすめの周辺機器を見ていきましょう!

  • ①PS Camera  約6,000円
  • PS Cameraは、PSVRの初期設定に必要な周辺機器です。

    PS Cameraを使用することで、センサーがプレイヤーの位置を正確に把握し、プレイヤーの動きをVR映像に反映できます。

    逆にPS Cameraがない場合、プレイヤーの動きが感知できないので動きのあるVRゲームなどはプレイできません。

    つまり、PS CameraはPS4と同様にPSVRで遊ぶのに最低限必要な機器の1つになります。

    ただ、PS Cameraは単体で買わずとも、「PSVR Camera同梱版」と書いてあるものを購入すれば、PSVRと一緒にPS Cameraが同梱されています。

    別々で買うのは面倒だという方は、「Camera同梱版」の購入がおすすめです。


  • ②PS move モーション コントローラー 
    約5,000円
  • PS move モーション コントローラーは、剣を振ったり、ラケットを振ったりする感覚を疑似体験することができる棒状のコントローラーです。

    メリットとしては、move コントローラーを手に持つことで、よりリアルな感覚でVRゲームを楽しめる点が挙げられます。

    このmove コントローラーを使えるゲームソフトには、「move対応」と「move専用」のものがあります。

    「move対応」となっているソフトは、通常のコントローラーでもプレイすることはでき、「move専用」のものが、move コントローラーでのみプレイできるソフトです。

    このあたりは勘違いしやすいので、購入前に「move対応」か「move専用」なのか、しっかりと確認しましょう。

    通常のコントローラーより、さらに没入感の深いVRゲームを楽しみたい方に非常におすすめなのが、move モーションコントローラーになります。


  • ③PS VR シューティングコントローラー 
    約6,000円
  • PSVR専用のガンコントローラーになります。 PlayStationでよく使用されていたガンコントローラーが、PSVR用でもついに発売されました。

    バイオハザードなどのシューティングゲームにおいて、実際に銃を持っているかのような感覚を味わえます。

    シューティングコントローラーを使用することで、ゲームの臨場感がUPすること間違いなしです。


  • ④PS4対応:一体型ヘッドホン「Mantis」 約10,800円
  • PSVRはVRゴーグル自体にヘッドホンが付属されていないため、別でヘッドホンを用意する必要があります。

    そこでおすすめなのが、今回紹介する「Mantis」です。

    Mantisは、PSVRのヘッドバンド部分にクリップを用いて取り付ける、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)一体型のヘッドホンになります。

    従来のヘッドホンでは、PSVRを装着後、さらにヘッドホンを装着しなければならないという手間がありました。

    しかしMantisは、PSVR装着後にアームを下ろして耳に当てるだけ。 そのため、簡単にPSVRの3Dオーディオを楽しめます。

    オーディオの充実は、深い没入感でのVR体験に不可欠なため、一層クオリティの高いVR体験がしたい方にMantisはおすすめです。


  • ⑤PSVR充電スタンド 約3,600円
  • PSVR充電スタンドは、PSVRの周辺機器をまとめて1つのスタンドに収納できるものです。

    具体的には、PS4/PSVR/Movrコントローラー2個/PSコントローラー2個/ヘッドホンをまとめて収納。

    また、コントローラーはスタンドに置くだけで充電もできます。

    さらに、PS4を冷やす送風機能も付いているのでPS4の負担軽減にもなります。

    そのため、収納で場所を取りたくない、コントローラーの充電を別でするのが面倒という方にとてもおすすめの周辺機器です。


上記のように、PSVRに加えて周辺機器が充実することで、よりストレスのないハイクオリティなVR体験ができます。

しかし全て揃えるとなると、30,000円を少し超える高めの価格となってしまいます。

必ずしも、全て必須ということではないのであくまで自分にとって必要だと思う周辺機器を購入し、VR体験をアップグレードしてみてください。
PSVRスペック・周辺機器まとめ
  • ・PSVRは、解像度ではPC-VRに劣るが、リフレッシュシート値では優れている。
  • ・準備に手間がかからない点や、価格が安い点などはPSVRの良さ。
  • ・PS4とPS Cameraは、PSVRでVR体験するには必須の外部機器。
  • ・高性能な周辺機器が多くあるため、よりハイクオリティなVR体験がしたい方も安心。
ここまでは、基本的なPSVRのスペック説明とおすすめ周辺機器を紹介しました。

次項では、ゲームをはじめとするPSVRの楽しみ方・活用方法を紹介していきます。

ゲームはもちろん、その他にも魅力的な活用方法があるので、PSVRを最大限に活用するためにもしっかり確認していきましょう!

ゲームをはじめとする豊富な楽しみ方



ここまでは、基本的なPSVRの機能や必要な周辺機器の説明をしてきました。 では、実際にどのような使い方、楽しみ方ができるのか。

PSVRは、ゲームをするVRゴーグルというイメージが強いかと思います。

しかし、実はゲームだけでなく、その他の活用方法もあります。 ゲーム以外の活用方法も知り、PSVRを最大限活用していきましょう。

PSVRの活用方法は主に3つ。

  1. VRゲーム
  2. VR映像コンテンツ視聴
  3. PC版VRゲーム

必ずしも全て良い活用方法ではないため、欠点なども含めて解説していきます!

ハイクオリティなゲームソフトで新しいゲーム体験を

ゲームだけではないとは言いつつも、やはりPSVRでプレイできるVRゲームは非常に魅力的です。

PSVRを使ってVRゲームをするメリットはなにかというと、

  • ・ゲームの世界に入り込める。
  • →VRゲームだと自分がまるでゲームの世界にいるかのような感覚を味わえる。
  • ・キャラクターの存在を近くに感じられる。
  • →自分がVR空間に入り込むことで、ゲームの世界にいるキャラクターが目の前にいるかのような体験ができる。
  • ・リアルで新しいゲーム体験ができる。
  • →360度ゲームの世界になることで、今までとはひと味違うリアルなゲームの世界を体験できる。

などが挙げられます。

さらに、選べるVRゲームコンテンツは200種類以上。

スポーツ系、RPG、アドベンチャーゲームなど、ジャンルを問わずに様々なタイトルが発売されています。 その中には、有名タイトルや最新タイトルもあるため、飽きることなく楽しめます。

ここまで説明してきたように、PSVRは、VRゲームに特化しているVRゴーグルです。

ゲームの世界に入り込んでいく体験ができるなんて、普通じゃあり得ないですよね。

そんな非現実的な体験が日常的にできてしまうのが、PSVR。

普通のゲームに飽きてきた、より没入感の深いゲーム体験がしたい、という方にPSVRはとてもおすすめです。

【おまけ:VRゲームは1人だけでなく数人いても楽しめる】

「VRゲームは、VRゴーグルをつけている1人しか楽しめないでしょ?」と思われている方もいるのではないでしょうか。

確かにVRゴーグルを付けているのは1人ですが、他の人は楽しめないのかというとそんなことはありません。

プレイヤーのVRゴーグルに映し出される映像は、「ソーシャルスクリーン機能」によりTVモニターにも映し出せます。

その他にも、VRゴーグルをつけたプレイヤーと、TVモニターを見ているプレイヤーが、一緒に楽しめるパーティーゲームや、オンラインマルチプレイなども可能です。

そのため、VRゴーグルを装着している人以外の周りの人も、一緒にゲームの状況を楽しめます。

PSVRは、プレイヤーはもちろん、VRゴーグルをつけていない人も一緒に楽しめることがわかったのではないでしょうか。

ぜひ、家族や友人同士でPSVRのゲームを楽しんでみてください。

映画や動画もPSVRで

冒頭でも書いたように、PSVRはゲームだけできるというわけではありません。

PSVRは、CGムービー、ミュージックビデオ、360度実写映像など多彩なVRコンテンツを見れます。

加えて、VRゴーグルに映し出されるバーチャル空間内のスクリーンで、PS4のゲームソフトや、映像コンテンツを楽しむ「シネマティックモード」も搭載。

この「シネマティックモード」を使用すると、バーチャル空間内の巨大スクリーンでPS4ゲーム、映画、YouTube、Netflixなどのコンテンツを楽しめます。

さらに、Blu-ray 3Dコンテンツにも対応し、迫力満点の3D映像体験を堪能できます。
【PSVR シネマティックモードについて】

シネマティックモードの画面サイズは大・中・小から変更可能です。
「小」…117インチ相当、視野角54度。 これは、映画館の後方からスクリーンを眺めるイメージです。

画面が小さくなる代わりに、頭の動きに合わせてスクリーンが視界の正面についてくるため、どんな体勢でも無理なく画面に集中できます。
「中」…163インチ相当、視野角71.5度。 これは、映画館の中央より少し前の列に座っている状態を想像するとわかりやすいです。

画面は正面に固定されているため、頭を動かすことによって画面の上下左右や外側の空間を見れます。
「大」…226インチ相当、視野角90度。 これは、映画館の最前列に座っているように、画面の端が視界に収まりきらないほどの大きさです。

迫力は満点ですが、じっくり映像を見るには不向きかもしれません。
画面のサイズに関しては、映画館で映画を観たことがあればわかりやすくイメージできたのではないでしょうか。

いずれにしても、すべてのサイズを楽しんでみるのをおすすめします!

シネマティックモードを活用することで、まるで映画館のような巨大スクリーンで映像を見ているような感覚を、自宅で味わえます。

そのため、映画館に行く時間がない、自宅でゴロゴロしながら映画や動画見たいという方にもPSVRはおすすめです。
おまけ:PSVRはPCでも使えるの? ここからはおまけになりますので、気になる方は見てみてください。

PSVRはPC接続しても使えるのか。

結論から申し上げますと、使えます。 しかし、問題点もあり、正直PCでの使用をおすすめはできません。

なぜおすすめしないのか、詳しく説明していきます。

①設定が複雑で面倒
PSVRのPC接続については、公式ではPSVRはPS4にしか接続できないとされています。 つまり、本来PC接続は推奨されていません。

PC接続するには、裏技的にPSVRをPC接続するため、複雑で面倒な設定が必要となります。

具体的には、外部ツールである「Trinus PSVR」を使用し、非公式ながらPCに接続が可能です。 「Trinus PSVR」を使うと、本来はPCゲームに対応していないPSVRがSteamVRというPCゲーム配信サービスに対応したVRゴーグルとして認識されます。

つまり、本来PC用VRゴーグルでしかできないSteamVRのコンテンツをPSVRでも楽しめるようになります。

ただし、「Trinus PSVR」は非公式のドライバアプリケーションですので、導入は自己責任となるので注意しましょう。

非公式かつ設定が複雑ということで、ここでは接続方法を詳しくは説明しませんが、PC接続できるのは確かです。

②VR体験のクオリティが落ちる
「Trinus PSVR」でのプレイにはいくつか欠点があります。

最も大きいのは、PSVRがうまく接続されない、接続が安定しないといった点です。

例えば、「HDMIが刺さっていない」、「USBが刺さっていない」という状態を示すマークが表示されることが頻繁に発生するなど、プレイに支障をきたします。

その他の欠点としては、PSVRのヘッドセットから繋がるコントローラーにヘッドホンを接続しても音が出ない点や、トラッキング精度が落ちる点などもあります。

音に関しては、PCの音声出力端子にヘッドホンを繋ぎ使用することで解決は可能です。

一方でトラッキング精度は改善のしようがないため、100%快適なVR体験とまではいきません。

このように、PSVRはPCでも使用できますが、手間がかかり大変。

そして、VR体験のクオリティも満足できるものではないため、よほどの理由がない限り、PSVRをPC接続しての使用はおすすめしません。

PC版のVRゲームで遊びたい場合は、PSVRではなく、PC-VRの購入がベストですね。

PC-VRの詳細はこちら

以上、PSVRの楽しみ方と活用方法はいかがでしょうか。

VRゲームだけでなく、映画や動画など、様々な活用ができるとわかったかと思います。

PSVRを使用することで、日常生活がより一層豊かで楽しくなるイメージができてきている方も既にいるのではないでしょうか。

次項では、さらにPSVRを使用してできることのイメージが湧くように、PSVR用のゲームソフトおすすめ5選を紹介していきます!

PSVR用ゲームソフトおすすめ5選

ここまでの説明で、PSVRについての情報や機能、楽しみ方については理解できたのではないでしょうか。

では、ここからはPSVR用ゲームソフトおすすめ5選を紹介していきます。

やってみたいVRゲームソフトがあるか、そのゲームの世界に自分が入り込むイメージをしながら見てみてください。

それでは、以下の5つのゲームソフトを紹介していきます!

  • 「みんなのゴルフ」
  • 「The elder Scrolls V:Skyrim(スカイリムVR)」
  • 「バイオハザード7」
  • 「PSVR WORLDS」
  • 「DRIVECLUB VR」


PSVR用ゲームソフトおすすめ5選

「みんなのゴルフ」

まるで本物のゴルフコースに足を踏み入れた時のような高揚感や、ゴルフの楽しさ、奥深さを体験できる本格ゴルフゲームです。

さらに、オンラインで他のプレイヤーとスコアを比較したり、ゲームの条件をクリアしてキャディのコスチュームチェンジを楽しんだりできるなど、やりこみ要素も用意されています。

それから、ボールがまっすぐ遠くまで飛んだ時や、長いパットが決まった時の爽快感は歴代みんゴルシリーズNo.1のクオリティ。

臨場感溢れる新しいゴルフゲームをしたい、実際のホームにいる感覚でボールを打って爽快感を味わいたいといった方におすすめなのが、「みんなのゴルフ」になります。

「The elder Scrolls V:Skyrim(スカイリムVR)」

人気オープンワールドRPG「Skyrim」の全編をVRで遊べるソフトです。

スカイリムは、太古のドラゴンとの戦闘や険しい山々の探索に至るまで、スカイリムの世界に入り込んだかのように冒険ができます。

中でも、ドラゴンに襲われるシーンや、敵との戦闘は、リアルな緊張感を体験できるゲームソフトです。

さらに、スカイリムはPS move モーション コントローラーにも対応しているので、move コントローラ-を使用することでより没入感の深いVR体験ができます。

長時間遊べるボリュームかつ、ゲームの世界に降り立ったと思えるほどの没入感を感じたい方におすすめなのが、「スカイリムVR」になります。

「バイオハザード7」

バイオハザード7は、バイオハザードシリーズの原点である「恐怖」がメインコンセプトです。

今までのバイオハザードシリーズ4~6は、主人公を追う第三者視点でゲームをするものでした。

しかし、探索を重視するゲームプレイに立ち戻り、主観視点に変更されたバイオハザード7のVR体験では、ホラーゲームとしての要素が強くなっています。

「廊下を曲がりたくない」 「怖くて射撃精度が落ちる」 などといった、暗闇や敵へのリアルな恐怖感が味わえるクオリティの高いVRゲームソフトです。

「PSVR WORLDS」

PSVR WORLDSは、PSVRの発売元であるソニーPlay Stationが出しているVRゲームソフトです。

ゲームの内容は、手にした銃で追手を撃退しながら、ロンドンのハイウェイを駆け抜けるシューティングゲームや、プレイヤーがゲージに入って海の底に潜っていく深海探索シュミレーションなど、計5種類のコンテンツが収録されているお得なゲームソフトです。

さらに、冒頭でも書いたように、「PSVR WORLDS同梱版」として販売されているものと、ゲームソフトは入っていない通常販売のもので価格が変わりません。

そのため、初めてで何を買えばいいかわからないという方は、「PSVR WORLDS同梱版」の購入をおすすめします。

「DRIVECLUB VR」

世界の高級マシンに乗って、白熱したレースバトルが楽しめる人気レースゲーム「DRIVECLUB」がパワーアップしてPSVR専用タイトルとして登場。

PSVRが実現する今までにない超リアルレース体験ゲームです。

さらに、ただレースをするだけでなく、車体を眺めることができるモードや、街中を疾走する市街コース等の新たな要素も盛り込まれています。

その他にも、最大8人でのレースや多彩なロケーション、自身のクラブ作成など、リアルなドライビングゲームを体験できます。

リアルなレースゲームがしたい方におすすめなのが、「DRIVECLUB VR」になります。


以上、PSVR用ゲームソフトおすすめ5選でした!

おすすめPSVRゲームソフトはどうでしたか? 紹介したおすすめソフトの中で、やってみたいと思うゲームがあったのではないでしょうか。

自分の目の前にゲームの世界が広がり、自分がその世界に入り込めることをイメージしていただけると、ワクワクせざるを得ないかと思います。

やはり、ゲームコンテンツの種類が豊富かつ有名コンテンツも多くあるPSVRは、VRゲームにおいて非常に充実しています。

PSVRは、VRゲームをやるのが目的という方に最もおすすめしたいVRゴーグルです。

PSVRを購入するにあたって

購入場所と販売形態 PSVRを購入する場合は、取り扱っている店舗に直接行って購入する方法があります。

もしくは、amazon(アマゾン)、楽天、ヨドバシなどのオンラインショップでも購入できます。

オンラインで商品を注文する場合は、サイトによって価格やお届け日数に違いがあります。 そのため各サイトの価格、入荷状態などもチェックし、よりお得に購入しましょう。

それから冒頭でも説明したように、「メガパック」や「WORLDS同梱版」など、販売形態が違うものもあります。

さらに価格にこだわる場合は、中古のものを探してみるのもおすすめです。

PSVRは、PSVRだけの限定ゲームタイトルや、有名タイトルの新作も出ているため、飽きることなく楽しめます。

その他にも、先ほど紹介したように動画や映画など、ゲーム以外の使い道があるのもPSVRの魅力の1つです。

PSVRを使用し、新しいゲーム体験やホームシアターを楽しんでみましょう。

まとめ

PSVRの様々な情報を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回はPSVRについての基本情報、機能説明から活用方法、おすすめゲームソフトまで紹介してきました。 これまでの内容を簡単にまとめると以下の通りです。

  • ・新型PSVRは価格が下がっているため、以前より購入しやすくなっている。
  • ・PSVRはPCVRに比べ、解像度では劣るが、準備の手軽さや価格においては優れている。
  • ・豊富な周辺機器で、ストレスのない充実したVR体験が可能。
  • ・ゲームはもちろん、映画や動画などの活用方法でも楽しめる。
  • ・ゲームソフトは、種類が豊富かつ有名タイトルもあり充実している。
  • ・購入する際は、販売形態と価格を確認するのがおすすめ。


PSVRでクオリティの高いVR体験ができるのは、間違いないです。

特に今までとは違う新しいゲームを体験するには、うってつけのVRゴーグルになります。

おすすめとして紹介したVRゲームソフトの世界に、自分が入り込めることを想像するだけでワクワクしてきますね。



最近の記事

  1. VRゴーグルおすすめ9選 | 基本情報と選び方
  2. 安いスマホ用VRゴーグルの正しい選び方 | おすすめスマホ用…
  3. VIVEシリーズおすすめVRゴーグルの機能や種類を徹底比較【…
  4. PSVRの最新情報・スペック解説 | おすすめゲームソフト紹…

記事一覧

PAGE TOP